悪性脳腫瘍の治療に用いる抗がん剤「アバスチン」が、新薬として厚生労働省に承認された。

抗がん剤新薬アバスチンは原発性脳腫瘍の中で最も発現頻度が高く悪性度の高い「膠芽腫」を発病したがん患者の治療に有効とされる新薬だ。

アバスチンはスイスの製薬会社ロシュが開発製造している抗がん剤。既に脳腫瘍の治療薬として世界各国で承認されていた。

がん細胞だけで増殖するように遺伝子操作した特殊なウイルスでがんを治療する新治療法が、臨床試験の実施に辿り着いた。

人間の細胞に感染するヘルペスウイルスの一種に対して遺伝子を操作することで、 がん細胞でだけ増殖する治療用のウイルスが開発されたのだ。

がんウィルスを開発した東京大学附属病院では、このがんウイルスを使った臨床試験を前立腺がん治療に対して、今月5月末から開始する。前立腺がんの治療に対して、ホルモン療法が効かなくなったがん患者に対して、がんウイルスを前立腺に2回から4回注射する新治療法を試すのだ。

その後の6か月間で、副作用とがん縮小を検証し、がんウイルス治療の治療効果と安全性を評価する。

がんウィルスによる治療は、既に4年前から悪性脳腫瘍のがん患者を対象に実施され、大きな副作用もなく成果が上がっているという。

近い将来にがんウイルス治療で、多くのがんが根治される治療法となることが期待される。

高額な医療費がかかるがん治療。しかし、実際に払う治療費は、国の保険が適用されるため、想像しているよりも少額で済むことが多い。

日本人のがん患者数の上位を占める「胃がん」「肺がん」「大腸がん」「乳がん」「肝臓がん」のがん別に、一般的な治療をした場合の自己負担額を検証した。

なお、検証の前提となる保険は自己負担3割で、かつ「高額療養費制度」を利用している。

【乳がんの治療費】

最も治療費の自己負担実額が大きいのは乳がん。乳がんの平均入院日数は11.8日だが、再発予防治療として、ホルモン療法が5~10年間継続されるために、長期間の治療費が負担を大きくするのだ。乳がんと診断されても、5年後生存率は87.7 %と高い。

乳がんの手術は、可能な限り切除範囲を小さくする“温存手術”が主流だが、切除範囲が大きい場合でも再建手術が非常に進歩している。しかし、人工乳房の再建に要する治療費は、 100%自己負担であり50万~100万円程度が必要となる。

手術後、再発予防のために放射線照射、抗がん剤治療を実施。抗がん剤治療終了後、ホルモン療法と検査を5年間にわたって続ける。入院は手術時だけで、後の治療はすべて外来で行う。

乳がんで温存手術・術後再発予防抗がん剤・放射線療法を行った場合、 5年間の治療費合計は92万円となる。

【肺がんの治療費】

肺がんは進行が早いのが特徴。平均入院日数21.7日で、肺がんと診断された後の5年後生存率は29%と低い。肺がんは、発見時には既に手術が不可能なほどにがんが進行している患者が多く、放射線治療や抗がん剤治療が中心となる。

肺がんに小細胞肺がんで放射線化学療法を実施した場合、2年間で計45万円となる。

肺がんへの放射線化学療法は、まず20日間の入院期間中に、放射線治療と抗がん剤治療を実施。その後の3か月で抗がん剤や、転移しやすい脳への予防的放射線照射を行う。 1年目は治療と検査、2年目は検査が必要となる。

【胃がんの治療費】

胃がんの平均入院日数は、22.6日。胃がんと診断された後の5年後生存率は64.3%と高い。早期胃がんの場合、5年後生存率は9割を超える。

早期で見つかった胃がんは、大掛かりで負担の重い開腹手術ではなく、内視鏡で粘膜を切り取るだけの日帰り手術も可能となり拡がっている。胃がんの内視鏡手術は、お腹に4か所程度の小さな穴をあけ、細い腹腔鏡の先端のメスでがん患部を切り取る術式。手術費用は120万円と高いが、高額療養費制度の適用で実際の患者負担額は9万円程度で済む。

入院は10日、術後の検査費用(毎年3万円)などを含めると2年間での治療費の自己負担額は合計14万円程度となる。

【肝臓がんの治療費】

肝臓がんの治療費は、経皮的エタノール注入療法の場合に2年間で合計21万円。 3年目以降は毎年6万円の検査費用が自己負担となる。

【大腸がんの治療費】

大腸がんの結腸がんの治療費は、切除手術・術後再発予防抗がん剤療法を行った場合で2年間で自己負担の合計が42万円となる。

がんの種類によらず高額化が進む治療費に対して、自己負担の額が抑えられているのは、「高額療養費制度」の恩恵だ。「高額療養費制度」は、数十万円から数百万円に及ぶ高額の治療費用に対しても、患者の自己負担額が2~8万円前後(収入に拠る)に軽減される国の制度。

高額療養費給付の適用を受ける場合でも、患者が治療費の3割を一度支払わねばならない問題があるが、「貸付制度」や還付額を算入した支払額に減額する「委任払制度」がある。貸付額が異なっていたり、医療機関の承認が必要な場合があるので、治療費が高い場合には、早々に病院の医療相談室や保険者へ相談することが肝要だ。

がんは、治る病気となりつつあるからこそ、治療費負担を抑制し、回復後の長い生活へ備えることが重要なのだ。

がん患者自身の免疫力を高めた「がんワクチン」が。注射したがん患部以外の転移したガン細胞も攻撃する効果があることが発表された。

がん治療遺伝子「REIC(レイク)」を発見した岡山大学が、 2011年から実施している実際のがん患者への臨床試験において、直接投与した部位のがん細胞が消滅しただけでなく、他の転移がんの細胞も大幅に減少したのだ。

全身にがんが転移して外科手術では除去できないがん患者や、通常の抗がん剤が効かない進行がんの末期のがん患者などが、新薬の治療対象として期待が高まっている。

新治療法の臨床研究は2011年1月から、 前立腺がんの男性20人を対象として実施されている。 REICの濃度が高いほどがん細胞を死滅させる効果作用が強く、副作用も少ないと安全性も確認できている。

最も顕著な回復例としては、リンパ節5カ所余に転移し、抗がん剤が効かない、いわゆる末期がん状態の男性(60代)の治療回復例。 REICをがん患部へ2回注射したところ、腹部にあった最大の腫瘍(直径最大5センチ)のがん細胞は消失しただけでなく、他の臓器に転移していたがん細胞も大幅に減った回復が確認された。

REICを注射したがん患部だけでなく、他所のがんも攻撃する『究極の遺伝子治療』が実現に近づいている。

結腸・直腸がん治療の抗がん剤新薬が、新たに日本で承認申請された。

新薬は抗がん剤「TAS-102」(トリフルリジンとチピラシル塩酸塩の配合剤)。適応は、「治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸がん」とされ、臨床試験では約3ヶ月の余命延長の効果があるとされた。

がん剤新薬「TAS-102」は経口薬で、大鵬薬品が開発中。

天然痘治療などのワクチン遺伝子を組み換えて開発されたがんウイルスによる新しいがん治療法が開発されている。

遺伝子組み換えられたワクシニアがんウイルスは、患者の免疫細胞が、がん細胞を集中的に攻撃するよう組み換えられている。さらにワクシニアがんウイルスは、患者のがん細胞内で増殖することで がん細胞を死滅させるのだ。

既に臨床試験が開始されており、 がん細胞の増殖が抑制され、がんへの血液の供給が減少する効果が確認されている。 がん細胞を破壊し、がんに対する免疫応答を誘導するように遺伝子操作されたワクシニアウイルスが、 肝細胞がん患者の生存期間を延長したのだ。進行性の肝細胞がん患者30人に新薬を4週間投与した結果、低用量が投与された14人の肝細胞がん患者は平均6.7か月、高用量が投与された16人の肝細胞がん患者は平均14.1か月の生存期間が延長した。臨床試験では、1人の患者に嘔吐があった以外は、重い副作用は無かった。

がん溶解性ウイルスは、肝細胞がんだけでなく がん治療の有望な新治療法として注目されている。

ワクシニアがんウイルスの研究は、英医学誌「Nature Medicine」に発表された。

新しいがん治療法として期待が高まっている 「がんペプチドワクチン治療」 の臨床試験が開始される。

治験対象は、治療が困難とされる食道がん膵臓がん患者で、各40人に対して、 新治療法の臨床試験が実施される。

新薬のペプチドワクチンは、 がん患者自身の免疫力を活用する新治療法。 がん細胞を攻撃する免疫細胞のリンパ球が、 がん細胞の表面に発現する特有のペプチドというアミノ酸化合物をがん細胞攻撃の目印にする性質を利用している。ペプチドを体外で人工的に合成して投与し、リンパ球を増殖させてがんを治療する。 現在のがんの3大療法とされる外科手術、抗がん剤化学療法、放射線療法による治療が困難ながん患者に対する、第4の治療法として期待が高まっている。

今回の新薬の臨床試験が最も特徴的なのは、全国で初めて、その費用が寄付で賄われることだ。

治験に要する費用を、 がん患者団体 「市民のためのがんペプチドワクチンの会」として、全国から寄付金を募集するのだ。 寄付金の目標は、3年間で3000万円。

ペプチドワクチンによるがん治療は、製薬会社主導での効果検証も進んでいるが、白血球の抗原が多い患者だけを対象としている。今回の治験では、日本人では少ない部類に入る特殊な抗原タイプのがん患者も治験の対象とすることも注目されている。

食道がん、すい臓がんに対するがんのペプチドワクチンは、既に安全性確認の段階を終了し、一日も早い新薬の完成が待たれている状況なのだ。

全く新しいがん治療法である「腫瘍治療電場(TTF)」がイスラエル工科大学で発明された。

TTFとは、低強度の「電場(電界)」を利用した新しいがん治療法である。電気が流れている周囲には必ず電場が生じている。この電荷(個々の物体や粒子などがもつ電気)を持つものを引き寄せて作用する。

TTFによるがん治療では、電場発生装置に接続されたトランスデューサーを体外に装着し、人工的に作り出された電場によって体内のがん細胞の分裂を防ぎ死滅させる。

がん細胞が人体の中で最も強い電荷を持つ物質であることを利用した治療法なのだ。 TTFによるがん治療の臨床試験では、 抗がん剤による化学療法に頻発する痛み、感染症、吐き気、下痢、便秘、疲労etcの副作用も無いとされる。

既に20種類以上のがん細胞を対象にTTFによるがん治療が実験され、それら全てのがん治療に効果が発揮された。既に膠芽腫と肺がんに関しては、臨床試験が実施され、成功を収めたのだ。特筆すべきは、がん細胞以外の正常な細胞には影響無く治療ができた事実だろう。

現在では、化学療法や放射線治療とTTFを組み合わせることで、大きな相乗効果があることが分かった。米国ハーバード大学では、 TTFによるがん治療の効果を最大限に高めるための既存治療法との最適な組み合わせに関する研究が進められている。

現在のがん治療は「外科手術」「放射線療法」「抗がん剤療法」の3つの治療法が中心とされているが、近い将来には「TTF」治療が加わる可能性は高いだろう。全く新しい技術原理を利用した新しいがん治療法「TTF」が、 がんを克服する強力な治療法として登場する日へ期待は膨らむ。

すい臓がんは、消化器がんのなかで最も予後の悪いがんの一種だ。

膵臓(すい臓)は胃の裏側に位置し、十二指腸接しており横に細長い臓器である。そのため、早期発見が困難なだけでなく、 2 cm以下の小さながんであっても、非常に早い時期に周辺臓器への浸潤、近くのリンパ節転移、肝臓などへの遠隔転移が発生してしまうのだ。 すい臓がんは、最も悪性度の高いがん だと言える。

すい臓がんの切除手術後の抗がん剤治療に際して、従来の標準治療薬とされる抗がん剤塩酸ゲムシタビン単剤よりも、 抗がん剤TS-1(ティーエスワン)単剤の方が、生存期間を大幅に延長させることが証明された。

すい臓がんの切除手術を受けたステージ2, 3のがん患者385例に対する治験の結果だ。

すい臓がん効果的な抗がん剤 TS-1は、体表面積に合わせて規定された投与量を1日2回、 28日間連続して経口摂取する。その後14日間休薬する42日を1クールとし、4クール(6ヶ月間)で実施した結果だ。

すい臓がん治療に用いることのできる抗がん剤は限られているため、切除後の補助化学療法としてのTS-1の有効性は朗報と言えるだろう。

乳がん、皮膚がんの特効薬新薬が、短期間に開発される可能性が高まっている。

治療が難しいタイプの乳がん皮膚がんの一種である悪性黒色腫に関して、患者の強力な発がん原因になっている変異遺伝子が発見特定された。

難治性の乳がん、皮膚がんの線維肉腫の細胞株に関して、発がん能力を持つ遺伝子を網羅的に調べることで、遺伝子「RAC1」と「RAC2」に突然変異のある事実を発見したのだ。

これらの2つの遺伝子は、細胞の骨格たんぱく質を制御する役割を担っているのだが、変異したことで、常に活性化してしまい がん細胞を異常に増殖させ続けていたのだ。この2遺伝子の変異があるがん患者は、悪性黒色腫では5%、難治性の乳がんでは3%が保有していると推定されている。全体のがん患者に占める割合は小さいが、この変異遺伝子が原因でがん細胞が増殖しいるがん治療に対しては、治療薬が極めて高い劇的な治療効果を得ることができるのだ。

この発見によって乳がん、皮膚がんの特効薬が短期間に開発される可能性が高まっている。まず、対象のがん患者の変異遺伝子の有無を検出する方法を開発し、その変異遺伝子の働きを抑える薬剤を見つけることで、非常に効果の高いがん治療薬が開発できるのだ。

この発見をした東京大,自治医科大,がん研究所の研究チームは、 肺がんに関して同様の肺がん遺伝子を発見し、その4年後には肺がんの新治療薬を開発した実績があるため、 乳がん、皮膚がんにも劇的な効果のある新薬への期待が非常に高まっている。