Home |
ベータグルカンの比較検討におけるポイントを解説。 詐欺的な広告や勘違い宣伝を見破る方法。

ベータグルカン健康食品研究序説

ベータグルカン健康食品に多い悪質販売店に注意

健康食品に限らず「ウチは悪質店で、他店より劣る商品が高いです」という販売者はいないだろう。一様に「当店の商品が優れており、安いです」と宣伝している。

そこで問われるのは、買う側の注意力、分析力、判断力だ。注意深く読み解き、客観的に商品を比べれば、簡単にウソは見破れる。少なくとも怪しい商品や販売店であることは感じられるだろう。単純には、「治る」という表現や、「治った」体験談を掲載している違法販売店は避けることが、有効だろう。

過去には、体験談を集めたバイブル本商法が流行し、アガリクスやメシマコブ、ハナビラタケを筆頭とするキノコ健康食品が溢れた。その"商法"とは、繰り返しの体験談による洗脳に近い販売手法で、実際には少ないベータグルカンを"豊富に含む"と数値的な根拠なく広告するのだ。

今だに繰り返されるキノコ原料の健康食品による誇大広告、違法体験談商法が続発するのは、利益が多いからだ。原材料は格段に安く、簡単な加工で済ませるキノコ健康食品は、大げさな宣伝だけでも高く売れる。しかも、瓶や箱を高級そうに見せるだけで、販売価格を高額にするほど売上が上がり莫大な利益が確保される。なるほど、違法行為とは利益への近道ゆえに、業者は増える一方なのだ。

意図的か、無意識かは関係なく、違法と知りつつ、大げさな広告、怪しい体験談を知識の無い患者に摺り込むことで、上がる利益は非常に大きいだろう。

「効果がある」とか「がんが治った」という体験談や口コミ、レビューで紹介されている健康食品は、キノコ健康食品に限らず避けねばならない。"人為的に"流行が造られたフコイダンも含めて、違法宣伝と粗悪品販売はセットと考えて間違いはないからだ。

本当に有用な成分品質が高い健康食品の多くは、効果効能に言及することなく順法で成分と安全性の説明に徹しているものだ。


成人病のための健康食品

末期がん(癌)の症状と治療と余命

末期がん あきらめない

末期がんを治す治療法